勝浦の見どころ

お子様連れ向け カップル・若い方向け  ゴルフ客向け


鴨川シーワールド
日常生活では出会うことのない、海の生き物たち。
それぞれに豊かな特徴や生態を持つ個体が生き生きと活動し、かけがえのない生命を営む姿は、私たち人間の想像を大きく超え、新鮮な驚きや純粋な感動さえも感じさせてくれます。
鴨川シーワールドが訪れるすべての人にお届けしたいのは、そんな生命の輝きとありのままに向きあい、心と体でふれあう歓びです。
>>>公式サイトへ
>>>公式YouTubeへ

鵜原海岸
http://www.katsuura-sanpo.com/wp/wp-content/uploads/2013/03/ubarakaisuiyokujyou1.png鵜原海岸は歩いて10分程。海の家のある本格的な海水浴場です。見ての通り水質は抜群。鵜原湾に面する砂浜の中央に開設され、南に理想郷を望みます。典型的なリアス式海岸の間にあるこの砂浜は、『日本の渚・百選』に選ばれるほどのすばらしい景観と、遠浅なことが特徴です。JR鵜原駅から徒歩5分です。
>>>公式サイトへ

画像引用元:http://www.katsuura-sanpo.com/wp/wp-content/uploads/2013/03/ubarakaisuiyokujyou1.png

勝浦海中展望塔
海の上の橋を渡っていくと勝浦海中公園の展望塔があります。海の上の橋を渡り塔内のラセン階段を降りると海底8メートルの景色を見ることができます。もちろん自然の海なのでその時によって魚も変わります。アジの大群を見た時は感動でした。割引券あります>>>公式サイトへ


尾名浦めがね岩海岸
海中公園と反対の方に歩いて行くと「めがね岩」で有名な尾名浦があります。海水欲場ではないのですが波が無く小さな子供も安全です。勝浦湾の西岸にあり海蝕と風化によってできた洞。親しみを込めてめがね岩と呼ばれ、湾内の景観を一層盛り上げています。>>>公式サイトへ


勝浦朝市
天正の時代から400年以上続いている勝浦朝市は人々の暖かさに包まれています。長い年月に育まれ、昔も今も変わらず人情味あふれる勝浦の顔として、また、市民の台所として日常の生活にとけ込んできた朝市は、勝浦を代表する名所として多くの方に親しまれています。まぐさから車で10分。多くのお客様が立ち寄って行きます。手作りの干物などは安くておいしいですよ。

●朝市開催場所/下本町通り(毎月1日~15日)
 仲本町通り(毎月16日~月末)
●朝市開催時間/6時頃~11時頃
●定休日/毎週水曜日、6月第1火曜日、1月1日
●JR勝浦駅より徒歩10分、無料駐車場あり
>>>公式サイトへ
画像引用元:https://tabiiro.jp/lpimg/leisure/200995/main/img1.jpg




鵜原理想郷・名もないビーチ
鵜原理想郷のハイキングコースを歩いて行くと、右側に山の斜面を降りていく細い岩道があります。そこを滑らないように気を付けながら降りていくと、写真のような素晴らしい透明度の小さなビーチへ出ることが出来ます。知る人ぞ知る穴場ビーチです。ぜひ探して辿り着いてくださいね。ゴミは必ず持ち帰りましょう。>>>鵜原理想郷公式サイトへ



鯛の浦遊覧船
内浦湾内、誕生寺前の渡船場から東南方へ船で五分ぐらいの海域で、伊貝島、弁天島などの近辺に多数のタイが群生するので、このあたりを「妙の浦」と呼んでいる。
 ここに集まるタイ類は、大部分がマダイで、ほかにクロダイメジナ、イスズミなどが混っている。マダイは、深さ30~150メートルぐらいの海中に生息し、普通はその中層あたりを泳いでいる定着性の近海魚である。しかし、鯛の浦は、10~30メートルの浅海でしかも限られた狭い海域に生息し、人間の投与する餌(魚の切身など)をよく食べるのは、ほかに見られない現象である。日蓮聖人が誕生した古来折衝禁断の聖地であり、観光船の船端をたたくと海底から姿を浮上させあらそって餌をもとめるのは不思議なことといわれている。
>>>公式サイトへ

誕生寺(たんじょうじ)
誕生寺(たんじょうじ)は、千葉県鴨川市小湊にある、日蓮宗の大本山。山号は小湊山。日蓮の誕生を記念して出身地に建立された。夏目漱石の『こゝろ』で、先生とKがこの寺や鯛の浦に訪れるシーンがある。その際、日蓮についての話を聞こうとしない先生に向かってKが言い放った「精神的に向上心のないものはばかだ」という台詞が知られている。
http://www.25reijo.jp/images/map/01-img-top1.jpg
>>>公式サイトへ




勝浦東急ゴルフコース(まぐさから10分)
~夏は涼しく冬は温暖な“南房総勝浦”に配する一年中快適なリゾートコース~
夏の平均気温は都内より約2℃~4℃低く、冬は温暖なリゾートコース。南国の雰囲気が漂うコースは、太平洋を望むポイントがいくつかあり、プレーはもちろん眺望もお楽しみ頂くことが出来ます。また、戦略性にも富んでおり、プレーヤーの挑戦意欲を掻き立てます。
>>>公式サイトへ

画像引用元:http://i.gimg.jp/resource/reserve/golfcourseimage/351106-1.jpg



勝浦ゴルフ倶楽部(まぐさから20分)
南房総の自然豊かなゴルフ場です。全体的にフラットで、右サイドにOBがなく、距離は500ヤード以上が27ホール中6つも有るので飛ばし屋向きコース。
池越え・谷越えもあり油断できないコース。
>>>公式サイトへ

画像引用元:http://i.gimg.jp/resource/reserve/golfcourseimage/350505-1.jpg


花生カントリークラブ(まぐさから20分)
恵まれた自然を背景に、桜と水をテーマに地形を活かした戦略性の高いチャンピオンコースです。随所に配された大小の美しい池や滝は、時には挑戦し、時には危険を避ける勇気が必要とされる個性豊かな18ホールです。 名物15番ロングホールは、池の中に浮島があり、うまく使えば2オンも狙えます。また5番ミドルではセカンドが崖越えと攻め甲斐十分!◇コースより車で約10分、養老渓谷の紅葉は11月中旬が見頃です。
>>>公式サイトへ
画像引用元:http://img-yoyakucnts.alba.co.jp/imgs-yoyaku/club/120119/07656451408b3b4437060b5bb24f9150.jpg



キャメルゴルフリゾート(まぐさから20分)
キャメルゴルフリゾートのホームページです。あるがままの地形を活かしセパレートされたホールは、美しさと戦略性をあわせ持ち、プレイヤーのチャレンジスピリッツをとことん刺激します。 リゾートコースならではの開放感を感じながら、変化に飛んだ18ホールズをお楽しみください。>>>公式サイトへ
画像引用元:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/016/197/42/N000/000/004/130718078349116101737_camel2.JPG


大原御宿ゴルフコース(まぐさから25分)
名匠 井上誠一設計で「初心者には易しく、しかし上級者には難しく」が設計コンセプト。マウンドと110のバンカーを配した18ホールがゆったりと展開している丘陵コース。フェアウェイは広いが、要所要所バンカーが効いており、第1打の狙い所を絞らないと好スコアに結びつかないレイアウトになっている。ティショットでのボールの落とし場所で次打の難易度が大きく変わる、中・上級者がエキサイトできるコース。
>>>公式サイトへ
画像引用元:http://i.gimg.jp/resource/reserve/golfcourseimage/350503-1.jpg

大多喜城ゴルフ倶楽部(まぐさから30分)
フラットな大地にゆったりと息づく27の個性。訪れる度に、新しい感動のドラマがスタート。巧みなコースレイアウトが生み出し多彩な攻略法を持つ東コース。微妙なアンジュレーションと、終盤にしたがって難ホールが続く中コース。距離は短いが、激しいアンジュレーションとドッグレッグの多い西コース。
>>>公式サイトへ
画像引用元:https://www.1net.co.jp/wp-content/uploads/2016/03/otakijou-p01.jpg